2007年06月14日

初実習

昨日は初めての電気工事士の実習をしましたぴかぴか(新しい)感想は非常に簡単手(チョキ)はっきり言って誰でも出来ますexclamation逆に単純操作の繰り返しで、飽きてくるぐらいですたらーっ(汗)でも難しいところもありますひらめき

それは複線図ですexclamation×2まずこれを理解できなければ何も始まりません。この図面で必要な材料の個数、線の種類や太さに長さ、それに携わる必要部品等がわかるのです。そして気を付けなけばいけないのが配線の色分けです。黒、白、赤という3種類の線を用途によって使い分けます。でも慣れれば簡単でするんるん今のところ難しいことはこれくらいです。

後、この作業は何気に危険です雷まずは電線被覆剥きexclamation電線には感電防止のために絶縁被覆が電線に巻かれていますが、接続するときにはこの被覆を剥かなければなりません。電工ナイフという(ただのナイフと変わらない笑で剥かなければならないので危険です。そして圧着ペンチexclamation電線は電線同士を接続する場合にリングスリーブという道具を使うときがあります。そのときに必ず用いる工具が圧着ペンチです。この圧着ペンチは普通のペンチとは違い、段階ごとに締めていきます。そして締めていくと、最後まで締めなければ戻らないので、指を挟めたら終わりです。一応安全装置で戻るようにするリリースバルブがあるのですが、僕のは完全壊れていました。笑

今日はこの辺で手(パー)次回に続く・・・
posted by デイブ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44788205

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。