2007年06月21日

キャンドルナイト

明日はキャンドルナイトのイベントですぴかぴか(新しい)午後8時から10時の間はキャンドルナイト(ようは蝋燭)で過ごそうという企画です。これは地球に対するいろんな願いが込められており、去年は600万人も参加したそうですひらめき今回は1000万人を目指しているそうでするんるん是非このような活動を世界に広めて欲しいですexclamation×2
posted by デイブ at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あちゃー

またやってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)



ショート雷雷雷



指示通りに電気が流れて、電源を落とそうとした矢先に・・・「バチン
どんっ(衝撃)
原因はプラスが流れる接続線とマイナスが流れる接続線が触れたせい。
意外なところに落とし穴がありましたたらーっ(汗)しかも器具の接続向きも間違っていたから不合格ですもうやだ〜(悲しい顔)ムードバッド(下向き矢印)
もう書くことがなくなったので、今日はこの辺で手(パー)次回に続く・・・かもexclamation&question

posted by デイブ at 11:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

書くことないから・・・

今日は電気工事士で使う道具と工具を、軽く紹介しまするんるん
まず始めに良く使う工具を説明します。
dennkiH1.JPG
左から順に電工ナイフ、ラジオペンチ、マイナスドライバーです。
電工ナイフは電線の被覆を剥くのに使います。
剥くとこんな感じひらめき
d11.JPG
ラジオペンチは電線を切断するのに使います。
マイナスドライバーは器具に繋いだ電線を外すときに用います。
次によく使う電線を紹介します。
d1.jpg
上からVVFー3C、VVF−2C、VVR−2Cです。
ちなみにこのアルファベット記号には意味があります。まずVVはビニル絶縁被覆のことを表し、画像の灰色の部分がそれに当たります。次にFとRは絶縁被覆の形を言い、Fは平型、Rは丸型になります。最後の数字の数字の部分は絶縁被覆の中の電線の数を表します。
最後に電線を接続する道具を紹介します。
???????9.JPG
下の左から順に差し込みコネクタ2線用、3線用、4線用、とリングスリーブで、上は圧着ペンチです。
差し込みコネクタは電線の被覆を剥き、そのまま差し込みます。リングスリーブも同様に、線を入れて最後に圧着ペンチで締め付けます。(最大4本まで圧着可能)
今日はこの辺で手(パー)次回に続く・・・
posted by デイブ at 10:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

とうとうやらかしてしまった

昨日も2つ作りましたわーい(嬉しい顔)でもとうとうやらかしてしまった・・・配線接続ミスどんっ(衝撃)これによって最後に導通試験(ちゃんと指示通りに光るか調べる試験)でショートする配線接続をしまいましたたらーっ(汗)ちなみにこの導通試験で指示通りに光らなかったり、配線をショートさせると失格ですあせあせ(飛び散る汗)それを見事にやってしまったがく〜(落胆した顔)バッド(下向き矢印)しかも昨日は電工ナイフで親指も切ってしまったもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)対した怪我ではないが、工作中に血が出るとその場で失格という変わった約束もあります。結局昨日は一つ目はうまくいったんですが、2つ目で指を切った上に配線接続ミスまでやってしまったので、実際の試験では不合格していることになります。今度はナイフの使い方と配線図をもう一度復習したいと思いますダッシュ(走り出すさま)今日はこの辺で手(パー)次回に続く・・・
dC4.jpg
dC5.jpg
posted by デイブ at 10:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

2個も作っちゃった

この前の実習で2個も作っちゃいました手(チョキ)いやぁ〜それにしても意外と時間が掛かるんですよ。図面を見るとすぐ終われそうな感じなのにやってみたら、掛かるわ掛かるわあせあせ(飛び散る汗)配布される図面を具体化してそれから組み立てるわけですが、まぁ細かい制約が多いんですよダッシュ(走り出すさま)配線の色分けに使い分けから、接続する場所の圧着位置決めとか色々あるんですよ。ただでさえ細かい作業が多い中で、これらを間違えると落とされることもありますたらーっ(汗)その割には、寸法に関しては適当・・・許容範囲がその長さの±50%exclamation非常に曖昧。だからと言って適当に寸法取って、長さを間違えたその時点で終了もうやだ〜(悲しい顔)まぁこのような試験が電気工事士なのですひらめきでは今日はこの辺で手(パー)次回に続く・・・dennki2.jpgdC3.jpg
posted by デイブ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

出来ました

昨日はようやく電気工作物となるものを作りましたぴかぴか(新しい)最初だから簡単だけど、重大なミスをやらかしましたたらーっ(汗)笑。接続線の色間違えたんですが、本番の実技試験ではこれで一発アウトパンチ作るのは非常に簡単だけど、意外と細かいところがいっぱいあるから気を付けなればならないと思いました。今日もまた何かを作るので今度の月曜日辺りに載せますひらめきとりあえず昨日作ったものを載せます手(チョキ)ではこの辺で手(パー)次回に続く・・・?1.jpg
posted by デイブ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

初実習

昨日は初めての電気工事士の実習をしましたぴかぴか(新しい)感想は非常に簡単手(チョキ)はっきり言って誰でも出来ますexclamation逆に単純操作の繰り返しで、飽きてくるぐらいですたらーっ(汗)でも難しいところもありますひらめき

それは複線図ですexclamation×2まずこれを理解できなければ何も始まりません。この図面で必要な材料の個数、線の種類や太さに長さ、それに携わる必要部品等がわかるのです。そして気を付けなけばいけないのが配線の色分けです。黒、白、赤という3種類の線を用途によって使い分けます。でも慣れれば簡単でするんるん今のところ難しいことはこれくらいです。

後、この作業は何気に危険です雷まずは電線被覆剥きexclamation電線には感電防止のために絶縁被覆が電線に巻かれていますが、接続するときにはこの被覆を剥かなければなりません。電工ナイフという(ただのナイフと変わらない笑で剥かなければならないので危険です。そして圧着ペンチexclamation電線は電線同士を接続する場合にリングスリーブという道具を使うときがあります。そのときに必ず用いる工具が圧着ペンチです。この圧着ペンチは普通のペンチとは違い、段階ごとに締めていきます。そして締めていくと、最後まで締めなければ戻らないので、指を挟めたら終わりです。一応安全装置で戻るようにするリリースバルブがあるのですが、僕のは完全壊れていました。笑

今日はこの辺で手(パー)次回に続く・・・
posted by デイブ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

初日記

今日が初日記となりますぴかぴか(新しい)これから電気工事士についてのことをちょくちょく書いていきますんでよろしく手(パー)
とりあえず今日は昨日のやったことを書いていきます。
電気配線には法則があるんですよひらめきLとNとEの3種類の線があります。Lは非接地側電線と言い、Nは接地側配線と言い、Eは接地線と言います。簡単に表すとLとNは電池で言う、+と-の関係みたいなものです。Eは地面に接続する線です。面白いことに、電気は必ず地面に線を繋がないと流れません。ようはEを繋がなければならないことです。なぜならば、電気は電位差が生じる事によって電気が流れるのです。ちなみに電位差とは電気が流れる値の差を言います。だから電柱に止まっているカラスとかは感電しないのです。人間も同じように宙ぶらりん状態で電気が流れている線に触っても感電しません。ですが電気流れていない線と跨りながら触ると電位差を生じるため、感電します雷
とりあえず今日はこの辺でわーい(嬉しい顔)次回に続く・・・
posted by デイブ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。